男性の更年期障害について

男性更年期障害

男性の更年期障害は、体内ホルモン(男性ホルモンのテストステロン)のバランスの変化が主な原因です。そのため、これまで非常に健康的に生活していた方にも大いに起こりうる疾患なのです。体がだるく、頭痛や手足のしびれ、不安やイライラが続き、何をする気にも起こらないなどの症状があります。また、ED(勃起障害)を合併している場合が多いです。

男性更年期障害の検査

問診を行った上で、男性ホルモン(フリーテストステロン)および前立腺ガンの腫瘍マーカーの採血を行います。

 

男性更年期障害の治療法

男性ホルモン(テストステロン)が減って崩れたバランスを、男性ホルモンを補充することによって治していくテストステロン補充療法 (ART)があります。

ご予約・ご相談はお気軽に

どんなことでもお身体のことでお悩みでしたら、辻野医院まで。まずはお気軽にお問い合わせください。

staff staff blog